食事コントロールは糖尿病治療には欠かせません。

仕事などのストレスで暴飲暴食をしてしまうことがあります。

分かっているけどやめられないことでもありますが、そのような食生活を続けていると糖尿病になることもあります。

完治することが無いと言われる糖尿病は食事管理がとても大切ですね。

病気ではありますが、基本的に食べてはいけないものはないといいますから料理の仕方や食材の選び方で上手くコントロールしていきたいですね。

カロリー計算をして食事をつくるのは少し面倒なものです。

本に習ってつくるのも分かりにくいところもありそうです。

また、自分の体の必要なカロリー摂取量を知っておくことも大切で、それをもとに献立をくみたてていくのはもっと大変なことですね。

毎回食事を作るのも大変ですのでたまには糖尿病食を買ってきて食べると言った息抜きも必要です。

市販品を見てまねて作ってみても良いですね。

レパートリーが増えるきっかけにもなりそうです。

食べることが好きな人はとても強い決意がいることですが、将来的なことも考えて頑張りたいですね。

糖尿病の食事療法では、バランスのとれた食事が望ましいですね。

生活が忙しく、料理を作ることがとても苦手な人にとっては簡単な食事で済ましてしまいそうですが、そうしてしまうとどうしても栄養も偏りがちです。

特にスーパーのお惣菜やコンビニなどではサラダや野菜系のおかずも並んでいますが、やはり迫力がある揚げ物や肉類に目がいってしまいます。

家で野菜料理をするとたくさんの野菜がとれますが、市販で売っている野菜類は量も少な目なこともありますよね。

肉食の生活ではなくいろんなものをまんべんなく食べる生活を心がけていきたいですね。

意識的に野菜を多めにとるが大事です。

1日3食をきっちり食べると、生活リズムとしてバランスがいいようです。

いつも食べる時間がバラバラだったり1日2食の生活だったりすると、食べる量が増えてしまうこともありそうです。

2食だからと思って油断もしてしまいそうです。

また、糖尿病には油ものは控えるとありますが、控えすぎてもダメなようです。

適量を守っていきたいものです。